Students' Voice
生徒さんや保護者さまから頂いた 教室への『VOICE (声)』 を、こちらで訂正することなくありのままお伝えします。
みなさまの『VOICE』は、参加プログラム別に記載しています。

LEARNING img LEARNING
週1回からのスカイプとオンラインでの自律学習を組み合わせたレギュラーレッスン
*レギュラーレッスンは受け入れ枠が限られているため、生徒さんにとっても私たちにとっても、特別なコースです!
Red Cup

■ 7歳の生徒さん

ぼくはマイクとまいこに英語を習い始めて2年半くらいになります。
2人の教え方はすごくわかりやすいです。なぜならマイクと話していてわからないときは、まいこが日本語で説明してくれるからです。マイクは会話の仕方を教えてくれ、まいこは文の作り方を日本語でわかりやすく説明してくれます。そのおかげで習ったことを整理して覚えることができます。
ぼくはこれからも英語の勉強を続けて、もっと上手に、たくさんの人と話せるようになりたいです。

■ 5歳の生徒さんのママ

5才の娘が2才から3年間レッスンを受けています。
英語を通じて世界を広げて欲しいと思って、いろいろと探している時、こちらの教室に出会いました。
私がこの教室に本当に出会って良かった!という点は、先生方に英語教育に対する情熱があり、信念を感じるところです。楽しいだけの英語を教えるのではなく、実際に必要とする普段使う英語が学べます。受験英語や検定の為の英語はしないとはいえ、会話だけでなく、ちゃんと読み書きも習います。現在形、現在進行形、過去形という言葉を知らなくても身に付く様にレッスンしてくださいます。
娘の2才のイヤイヤ期も3才の反抗期も親身になってサポートして頂きました。2人共普段は優しく、明るく、褒め上手な先生。時には叱ってくれて、臨機応変サポートして頂いています。この先生方だったら、きっとこの先もやってくるであろう勉強の壁を一緒に乗り越えて行けると思います。


私たちが教えているフォニックスについてもコメントを下さいました!
教室でいろいろな事を学べる中で、フォニックスも学べます。フォニックスを知ってかなり衝撃的でした。
私は学校教育の英語しか習っていないので、フォニックスという英語を発音する為の法則みたいなものがある事を知りませんでした。私は娘を教室に入れる前までは、それぞれの単語に対するそれぞれの発音を覚えないと読めないと思っていました。読める為には、いったいどれだけ沢山の単語の発音を覚えないといけないのだろうかと思っていました。私はこちらの教室を知るまでは、知らない単語はまずローマ字読みで何となくこうかな?と探る様に読んでました。そして辞書の音声で確認すると、間違っている事ばかりでした。文章になると、更にどう読んでいいのか分からなくなってしまいます。学校ではフォニックス教わりませんでしたよね。。。
娘は3年間レッスンを受けてます。まだ5才ですが、新しい単語をフォニックスで読んでみてと言うと読もうとします。もちろん、まだ基本中の基本のフォニックスしか知りませんので正しく読めたり読めなかったりですが。いつの日か、スラスラと文章を読める日が来ると期待しています。
Red Cup Junior

私たちの住むアメリカへも訪ねてきてくれました。
それは講師として本当に嬉しいことですし、英語を学ぶ生徒さんにとっても大事なこと。
観光ではなく、英語圏での普通の暮らしに触れることは、英語習得のために欠かせないものだと思っています。
ここ数年連続で生徒さんが来てくれています。他の生徒さんや保護者さん、これに続いてくださいね。

■ 18歳の生徒さん(大学1年生)

2011年からRed Cupでレッスンを始めてちょうど4年になる2015年の2月、Barcomb家に遊びに行ってきました!
海外に行くのは2回目で、一人で行くのはとても不安でしたが、すぐに慣れることができ、これも4年間毎週マイクやまいことレッスンをしていたおかげだと思いました。
始めて行ったアメリカ本土は、目に入るもの全てが新鮮で、視覚から沢山の情報を得ることも自分の英語力の向上につながることを知り、びっくりしました。はじめは恥ずかしくて上手くできなかったカフェの店員さんや大学の先生との会話も、話しかける勇気さえあれば向こうは聞いてくれるということを知り、語彙が少なくても意思疎通ができるようになりました!
2歳のエマはまいことは日本語で話すのに、僕には英語で話しかけるので理解するのが大変でしたが、エマはとてもなついてくれて嬉しかったです。
僕は今大学1年生で英語を話すクラスを取ってるのですが、そこでもRed Cupで学んだその国の文化も含めた総合的な英語が大活躍しています!
Red Cup Adult

■ 30代女性

テレビや雑誌でよく「○ヶ月で英語がぺらぺら」とか「聞いてるだけで英語が話せるようになる」みたいな英語教材やスクールの宣伝を目にします。以前の私はすぐに飛びつきたくなっていました。でも、今はまったく興味がわきません。おそらくマイクとまいこに出会ったからです。英語はコミュニケーションであり、生きている言葉であり、文化だということに気づかせてもらい、ますます英語学習が楽しくなりました。二人のレッスンは、アイデア満載です。英語の小説を一緒に読んだり、料理のレシピを作ったり、時にはアメリカでメジャーな育児サイトを見ながらいろんな会話をします。こうすることで英語だけでなくアメリカの歴史やカルチャー、流行を知ることができます。

先生であり、友人であり、子を持つ親同士、英語を通してこんなにすばらしい教室に出会えて本当に感謝しています。



SUPPORTING img SUPPORTING
英語を学ぶ子どもたちをサポートする保護者様、英語講師の皆様、その他英語教育に携わる方向けのプログラム

■ 3歳と1歳のお子さんのママ

Red cup Englishのサービスは「ただ単に "英語を学ぶ" から一歩先の英語学習」だと感じています。
なんとなく、習い事の一つの選択肢として漫然と英会話スクールに行くのとは全く違い、子供の学習を通して親の私も一緒に学んでいる、子供と一緒に成長しているという実感、達成感を強く感じています。

パパママワークショップに参加させていただいていますが、各回のテーマを通し「学ぶ」ということについて、考えるきっかけや様々な角度からの視点を得ることができています。今は様々な情報がいろいろなところであふれていますが、ワークショップではその情報を整理して提供してくれ、逆に自分だけでは知りえない様な、思いつきもしない知識を得ることができます。
そして、特筆したいのは、先生方の毎回のワークショップでのオピニオンがとてもユニークで、かつ思慮深く温かいという点です。先生方の英語学習に対する願い、あつい想いに触れる度にとてもインスパイアさせられます。

同時に、ワークショップを通して子育てについてじっくり考え、子供の成長を実感できています。日々の生活に追われていると、なかなか腰を据えて考えるという時間やゆとりが持てないので、ワークショップの時間はとても貴重な時間だと感じています。また、ワークショップで同席しているほかの保護者の方から、成功談、失敗談の両方の経験を踏まえたリアルなアイディアを得られたりするので、情報交換の場としてもとても有効だと感じています。

ワークショップの前は「どんな知識に出会えるのだろう」と、とてもワクワクしますし、ワークショップの時はあっという間でとても楽しいですし、ワークショップの後はすがすがしい達成感と充実感が得られています!

■ 5歳と2歳のお子さんのママ

私は、英語が話せないけれど娘をサポートしたくて、願わくば私も英語を話せる様になれればと思い毎回参加しています。
月1回のペースが私には合ってるみたいで、私自身のやる気が低くなってきた頃にワークショップに参加し初心を取り戻しています。
推奨絵本や読み方だったり、日常使う親子の会話だったり、英語文化だったり、学習方法だったり、と1回のワークショップで内容も毎回違って盛りだくさんです。参加している皆さんと疑問も共有出来て、先生は、たわい無い質問から、真剣に悩んでる質問まで、気さくに答えてくれるところがとても気に入ってます。


TEACHING img TEACHING
専門分野に特化した短期間の英語プログラム

■ 準備中